GTSRS blog


「連弾ノオト」第20話配信中です!

まとめ小
第20話「誰が為にカエルは鳴く(前編)」配信中です!

20話!ということできりの良い所まで来ました!
今回のあとがきは特別編です!
先日兄弟ピアノデュオの「レ・フレール」さんに取材をさせて頂く機会がありまして、
僭越ながらイラストを交えて好きな曲などを語らせていただきました!


原稿中テンション上げるのにかなりヘビロテさせてもらっておりまして、
ブログにも書いたかな?
10月には念願のコンサートも行ってまいりました!
はじめて聴いた時、連弾の概念が崩れまして、とにかくもう聴いてもらうと分かるので
聴いてください・・!そりゃ漫画も描きたくなるわ!
YouTubeに公式チャンネルもあるので、
はじめての方もぜひぜひ聴いてどっぷりつかってほしいです!
そうです、ただのファンです((└(:3」┌)┘))

まず、らくがきがいくつかあるんで貼っておきますね。
ビスケット ようちえん 23年前
左から、世間に便乗したい「ビスケットの日」、
スモック描きたかっただけの「つむぎ園児」
岩室先生の青春時代
…という感じです。右のような資料は、個人的に好きでよく作ってます。
こういったスピンオフもいつか描けるといいな~。あんまり需要なさそうですけどね・・!

さて、本編ですが、内容的にも前向きでよい感じになってきましたね。
今回、久しぶりの前後編です。
このサブタイトルはずっとあたためてたやつです。
使いたいフレーズはいつもストックしていて、
ここぞというときに放出するんですが、ここぞというときが来ました。
ここからセリフとかもあっためてたやつがどんどん出てきます。
フレーズにピンときたらきっとそれは熟成されたやつですよ!

がまんしてがまんして積み重ねてきたのが一気に放出されていくので
ここから気持ちよく読んでもらえたらなと思ってます。


というわけで、おまけ!つづきからどうぞ!


 


今回は、とにかく音の前向きっぷりを見てほしいです!
19話の記事で、音と教授のやり取りを直前で直したと書きました。
これがなかったら、今回の音はここまでやらなかったんじゃないかと思うのです。
「自分と連弾するより、きちんと習ったほうが幸せだろう」
から脱せなかったんじゃないかと。
今回も脱したわけじゃないんですけどね。
やはり、どう生きるのがつむぎにとって幸せなのかを一番考えていると思います。
でも、先の件でつむぎの将来の可能性の中に、もしかして自分も入るのでは?
というところまで考えられるようになりましたよ。

しかし、めんどくさいですよね。
話をつくるときは大体こんなことばっかり考えています。
こういう選択肢を与えたらどう考えるだろう?
この人にこんなこと言われたらどう変化するだろう?
これがやってると結構消耗するんですね~、
特に暗い展開だと自分まで暗くなってしまいます。
というわけで、ちょっとずつですが
ここまでもじゃもじゃっとこんがらがってた糸がちょっとずつほぐれて
音も素直な気持ちが出せるように、それでいて身勝手にならないように
うまいこと行ってるんじゃないかと思います。はい。

さて、作画面ですが、
ゲストじゃないですけど、リバースユニバースの「モウフ」がこっそり出てます。
リバユニ読んでくださってる方はぜひ探してみてください~!

あと、公園の遊具、めっちゃかわいくないですか????
アシスタントさんにおまかせしたんですが、とても好みを汲んでもらえて
あーつむぎも好きそう・・とにやにやしていました。
あのカエルなら絶対選んで中入るわ。

今回結構盛り上がりましたよね?(ね?
実はまだ盛り上がり隊が待機してます。
21話の感じも結構好きで、さらに22話も完成してるんですが、
これまたうまいこと行きました。
ノンストップでクライマックスまで読んでもらいたいことこの上ないです!
しらべ再会編が13話で、つむぎ編はどうかな、25話くらいが目安かな。
とりあえず今ネームができてる分を見るとそんな感じがします。
結構、片付けなきゃいけない問題がちらほらあるんですよね、今回は。
がんばっていきましょう~。


それでは次回、「誰が為にカエルは鳴く(後編)」
音は答えを出した。つむぎの答えは?
どうぞよろしくお願いします\\ ٩( 'ω' )و //
テーマ漫画 ジャンルアニメ・コミック
プロフィール

カリヤナル

Author:カリヤナル
創作サイトGTSRSのらくがきやネタ置き場ブログ。
各種お知らせなど雑多に更新してます。
●更新目安は漫画配信日+α。
●過去記事はパスワードを入れれば読めます。
●コメントはサイトの拍手やメールフォームからどうぞ。

●web投げ銭です。がんばります!
お寿司を送る

サイトリンク



カテゴリ&月別

 

最新記事
らくがき
ブクログ
読んだ本と簡単なレビュー

リンク

漫画ハック / deviantART
マンガボックス / note




Instagram
カウンター

QRコード
QRコード

Archive RSS Login